転職エージェントを2社以上複数掛け持ちで利用するメリットと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2社以上の複数転職エージェント

「転職エージェントは2社以上複数掛け持ち利用して良いの?」とお考えではないでしょうか?

転職エージェントは1社のみ利用するよりも、2社以上複数掛け持ち利用する方が断然メリットがあります。また、転職エージェント側も複数利用することは転職者の当然の考え方と受け入れているため、心配することなく掛け持ち利用を伝えることができます。

ただし、複数掛け持ちで転職エージェントを利用する場合には、絶対に守らなければならない注意点もあります。

本記事では、転職エージェントを2社以上複数掛け持ち利用するメリットと注意点についてご紹介していきます。2社以上掛け持ち利用するか検討されている方は、本記事を参考にしてください。

転職エージェントを2社以上複数利用するメリット

転職エージェントの複数利用にメリットがあるか疑問を感じている男性

転職エージェントを利用する時には、同時に2社以上のエージェントを利用することがおすすめです。2社以上複数のエージェントを掛け持ち利用することには、次のメリットがあります。

  • 最も優秀なキャリアコンサルタントを選べる
  • 転職エージェントごとに持つ独占非公開求人にアクセスできる
  • 転職エージェントごとの良い点を利用できる

上記のようなメリットがあるため、少しでも満足度の高い転職活動をしたいと考えている場合には、転職エージェントは2社以上掛け持ちで利用するようにしましょう。

最も優秀なキャリアコンサルタントを選べる

転職エージェントを利用する上で最も大切なことは、優秀なキャリアコンサルタントと巡り会うことです。

どの転職エージェントを利用するかという点も大切ですが、キャリアコンサルタントの良し悪しによって、転職活動の満足度が大きく変わると考えても問題ありません。

1社のみの転職エージェントを利用した場合、担当になった人の能力や経験によって、少なからずあなたの転職活動に影響が出ていきます。転職は人生の一大イベントですので、後悔のないよう最良の選択をしていきましょう。

転職エージェントごとに持つ独占非公開求人にアクセスできる

転職エージェントは、それぞれ自社だけが持つ独占非公開求人を持っております。そのため、特定の転職エージェントのみを利用していると、全ての求人情報にアクセスすることができず、自分に最も合う転職をする機会さえ見つけることができない場合があります。

自分の目的に合う転職エージェントを複数利用することで、そのエージェントが抱えている独占求人にもアクセスすることができます。

そのため、まずは自分に合いそうな転職エージェントを2社以上登録し、非公開求人をチェックするようにしましょう。

転職エージェントごとの良い点を利用できる

また、転職エージェントによって強みや特徴が異なります。複数の転職エージェントを併用することで、各転職エージェントが強みとしているサービスを利用することができ、最良の転職活動ができる可能性を高めることができます。

特に転職エージェントが強みや特徴としている部分には下記のものがあります。

  • 求人案件の数
  • キャリア相談
  • 職務経歴書対策
  • 面接対策
  • 業界知識

大きく分けて、転職エージェントごとの強み・特徴は下記の通りです。

上記を参考に、複数利用する転職エージェントをお選び頂ければと思います。

転職エージェントを2社以上複数利用する場合の注意点

転職エージェントの掛け持ち利用の注意点を指摘する男性

また、転職エージェントを複数利用する場合にはいくつかの注意点があります。特に下記の点は2社以上併用する場合には強く意識して守るようにしましょう。

  • 複数の転職エージェントを掛け持ち利用していることは伝える
  • 複数の転職エージェントから同じ案件に応募しない
  • スケジュールの共有・管理を厳格に行う

複数の転職エージェントを掛け持ち利用していることは伝える

「転職エージェントを掛け持ち利用していることを伝えてもいいの?」と思われる方もいるかもしれませんが、「絶対に伝えたほうがいい」というのが結論です。

掛け持ち利用していない場合、既に応募している企業をプッシュされたり、面接のスケジュール調整できないことを転職する気がないと捉えられたりします。

率直に転職エージェントを2社以上利用している旨を伝えることで、齟齬なくコミュニケーションを取ることができ、また担当者が自社で転職をしてもらおうとやる気になってくれたりします。

複数の転職エージェントから同じ案件に応募しない

ただし、絶対にしてはいけないことは「複数の転職エージェントから同じ企業に応募すること」です。

この時点で求人企業から悪印象を持たれることになりますので、その企業の選考にも影響が出てしまいます。またキャリアコンサルタントからの信頼も失ってしまうことになりますので、重複応募だけはしないようにしっかりと管理するようにしましょう。

スケジュールの共有・管理を厳格に行う

また、転職エージェントを2社以上複数利用している場合、選考や内定、面談日などんスケジュールを常に共有しておくことが大切になります。

片方の転職エージェントでの選考がどんどん進んでいるのに対し、もう片方の転職エージェントの選考がなかなか進まないと、全ての企業の選考を受けることができないまま、内定承諾の返事をしなければいけなくなるなど、転職活動に悪影響がでる可能性があります。

基本的には1社をメインに、それ以外をサブにして、メインの転職エージェントから多くの企業に応募するようにした方が良いでしょう。

2社以上エージェントを掛け持ち利用していることを伝えられたエージェントの心理

複数掛け持ちを快諾する転職エージェント

転職エージェントを複数掛け持ちで利用していることは伝えた方が良いのですが、優しい人は相手のキャリアコンサルタントが嫌がるのではないかと思うことでしょう。

慣例として、複数利用している人も多くいる業界ですので、気兼ねなく掛け持ちしていることは伝えて問題ありません。

競合よりも良い提案をして自社から転職をしてもらおう

優秀なキャリアコンサルタントほど、あなたが掛け持ち利用することのメリットについて共感し、その中で自社のサービスを選んでもらおうと良い提案をしてもらえるようになります。

転職エージェント側も自社から転職してもらわないと1円の売上にもならないため、あなたが市場価値の高い人材であればあるほど、より強いやる気を出してくれることでしょう。

複数社を掛け持ちするなんて浮気だ

ただし、まだ若いキャリアコンサルタントの方や、レベルが少し劣る担当者だと、掛け持ちするなんて不誠実だ!浮気だ!と転職エージェント側の論理の対応をしてくる場合があります。

このような担当者は、転職先を案内する場合においても、あなたにとって良い転職ではなく、転職エージェント側の都合での転職を案内される可能性が高いので、すぐに切って別のサービスを利用した方が良いです。

転職エージェントを2社以上複数利用する場合の選び方

転職エージェントの選び方を指南する女性

ここからは、転職エージェントを2社以上複数利用する場合の選び方についてご紹介していきます。基本的には、総合型転職エージェントから2社程度、特化型転職エージェントから1〜2社程度自分に合うものを選ぶようにするとバランスが良いです。

国内の主要な転職エージェントには下記のものがあります。この中から自分に合う転職エージェントを選んで登録するようにしましょう。

転職エージェント 求人数 ジャンル 特徴
ビズリーチ 122,000件 ハイクラス 年収1,000万を超える求人が1/3以上
リクルートエージェント 200,000件 総合型 国内最多求人数で転職支援実績No.1
dodaエージェント 100,000件 総合型 国内最大級の紹介実績と専門スタッフによるサポート
マイナビエージェント 100,000件 総合型 20代に最も信頼されている転職エージェント
パソナキャリア 40,000件 総合型 2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
JACリクルートメント 12,000件 ミドル・ハイクラス 30~50代向け、管理職・技術/専門職・大手外資に強み
Type女性の転職エージェント 16,000件 女性の転職 女性の転職の悩みに寄り添う転職エージェント
レバテックキャリア 5,000件 IT転職 IT特化。専門用語や最新技術、開発方針に精通し正確な市場価値を把握
ハタラクティブ 2,300件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。未経験からの正社員就職
UZUZ 2,000件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。内定後の定着率が抜群

総合型転職エージェントに2社程度登録する

総合型転職エージェントは、求人数が多く大手企業の求人も充実していることが特徴です。選択肢が広いため、自分の視野に入ってこなかった優良な選択肢の提示をしてくれる場合もあります。

転職エージェント 求人数 ジャンル 特徴
リクルートエージェント 200,000件 総合型 国内最多求人数で転職支援実績No.1
dodaエージェント 100,000件 総合型 国内最大級の紹介実績と専門スタッフによるサポート
マイナビエージェント 100,000件 総合型 20代に最も信頼されている転職エージェント
パソナキャリア 40,000件 総合型 2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位

総合型転職エージェントを利用することによって、自分の転職活動の選択肢を俯瞰で見ることができるようになりますので、まずはこの中から2社程度自分に合うサービスを選んで登録しましょう。

特化型転職エージェントに1~2社程度登録する

特化型転職エージェントは、特定の職種や業界に特化している転職エージェントです。

転職エージェント 求人数 ジャンル 特徴
ビズリーチ 122,000件 ハイクラス 年収1,000万を超える求人が1/3以上
JACリクルートメント 12,000件 ミドル・ハイクラス 30~50代向け、管理職・技術/専門職・大手外資に強み
Type女性の転職エージェント 16,000件 女性の転職 女性の転職の悩みに寄り添う転職エージェント
レバテックキャリア 5,000件 IT転職 IT特化。専門用語や最新技術、開発方針に精通し正確な市場価値を把握
ハタラクティブ 2,300件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。未経験からの正社員就職
UZUZ 2,000件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。内定後の定着率が抜群

求人数は総合型転職エージェントと比較して少ないものの、その業界内の求人数は充実しており、またキャリアコンサルタントの業界知識も高く、各企業とのコネクションも強いため、より自分に合う転職ができる可能性があります。

自分のスキルや価値に相応しい転職をしたいときには、キャリアコンサルタント自身にも自分の価値について正確に理解してもらうことが大切です。

特化型転職エージェントからは1〜2社を選んで登録するようにしましょう。

転職エージェントごとにキャリアコンサルタントと面談する

候補となる転職エージェントを3〜4社ほど選んだ段階で、各転職エージェントに登録をしてキャリアコンサルタントとの面談を進めていきます。

転職エージェントに登録すると、対面もしくは電話での面談からスタートしていきますので、その中で良いキャリアコンサルタントを見抜いていくようにしましょう。

具体的には、転職エージェントの信頼できる担当者には下記のような特徴があります。

  • 望むキャリアの方向性の確認から話がスタートする
  • 「なぜ転職する」かについて話し合いができる
  • 場合によっては「転職しない」ことをアドバイスしてくれる
  • 経歴やスキルを客観的に把握し、転職市場における価値を冷静に分析してくれる
  • 連絡へのレスポンスが速い
  • 勝手に転職活動を進めない
  • 転職先を決定させるためにゴリ押ししてこない

そのため、相手が信頼できる転職エージェントの担当者がどうかを見極めるために、下記のような質問をしてみましょう。

  • 業界や企業についてどの程度精通していますか?
  • 転職エージェントの仕事を始めて何年程度でしょうか?
  • 転職エージェントの仕事を通じて何名の転職をサポートしてきましたか?
  • 私のキャリアビジョンから考えて現在転職すべきだと思われますか?

面談から1週間以内程度で利用を1~2社に絞る

各転職エージェントのキャリアコンサルタントとの面談が終了したら、1週間以内程度の期間で、メイン利用する転職エージェントを決めていきます。

メインで利用する転職エージェントを1社、サブで利用する転職エージェントを1〜2社選び、早速転職活動を行っていきましょう。このとき、掛け持ち利用していることを忘れずにお伝えください。メイン利用の転職エージェントには、「御社がメインで考えています」と伝えると喜ばれます。

転職エージェントは複数利用して一番良い担当者と付き合おう

転職エージェントは2社以上複数掛け持ちで利用することが、最良な転職活動をする上でおすすめです。

転職エージェントを活用しての転職活動の成否は、担当するキャリアコンサルタントの良し悪しによって変わってきますので、必ず複数掛け持ち利用して、最も良いキャリアコンサルタントを選ぶようにしましょう。
総合型転職エージェントは求人数が多く、大手求人も充実してますので、この中から2社程度選ぶのがおすすめです。

転職エージェント 求人数 ジャンル 特徴
リクルートエージェント 200,000件 総合型 国内最多求人数で転職支援実績No.1
dodaエージェント 100,000件 総合型 国内最大級の紹介実績と専門スタッフによるサポート
マイナビエージェント 100,000件 総合型 20代に最も信頼されている転職エージェント
パソナキャリア 40,000件 総合型 2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位

また、特化型転職エージェントは業界知識が深く、企業とのパイプが強いため、あなたの価値に相応しい企業を案内してくれるでしょう。総合型転職エージェントで満足できない場合には、自分に合う特化型転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェント 求人数 ジャンル 特徴
ビズリーチ 122,000件 ハイクラス 年収1,000万を超える求人が1/3以上
JACリクルートメント 12,000件 ミドル・ハイクラス 30~50代向け、管理職・技術/専門職・大手外資に強み
Type女性の転職エージェント 16,000件 女性の転職 女性の転職の悩みに寄り添う転職エージェント
レバテックキャリア 5,000件 IT転職 IT特化。専門用語や最新技術、開発方針に精通し正確な市場価値を把握
ハタラクティブ 2,300件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。未経験からの正社員就職
UZUZ 2,000件 20代 フリーター/既卒/第二新卒向け。内定後の定着率が抜群

転職エージェントを複数上手に掛け持ち利用し、是非心から納得することのできる転職活動をしていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket