spring転職エージェントの面談のコツと準備すべきコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

spring転職エージェントの登録手続きが完了した後は、対面面談もしくは電話面談でキャリアや転職希望条件の確認、希望する業界・職種の転職市場、該当する求人の紹介などをしてもらうことができます。良い面談ができれば、spring転職エージェントでの転職活動をスムーズに始めることができますので、必要な準備をすることが大切です。

本記事では、spring転職エージェントの面談のコツと準備するべきコトについてご紹介していきます。


spring転職エージェントの面談の基本情報

spring転職エージェントを利用する際には、まず下記の手順で登録手続きを完了することが必要です。

  • 公式サイトから登録
  • 職務経歴書が郵送で送られてくる
  • 職務経歴書を作成して返送する
  • 登録完了通知が郵送で送られてくる

登録手続きが完了した後に、メール又は電話で面談の日時・場所調整が行われます。

キャリアと希望条件に合う仕事があるとカウンセリング(面談)が実施される

spring転職エージェントの面談は、登録時のキャリアと希望条件に見合う求人情報がある場合に実施されます。

紹介可能な求人がない場合には、面談自体が実施されない、連絡がこないということもありますのでご注意ください。

spring転職エージェントの面談の所要時間は60分

spring転職エージェントの面談は、対面面談・電話面談問わずに60分程度です。短い時間でキャリアやスキルの説明、転職希望条件への共通認識の醸成、希望業界・職種における現状の転職市場の状況の説明などを実施することが必要となりますので、事前準備がとても大切になります。

面談には対面面談と電話面談がある

spring転職エージェントの面談には、対面面談と電話面談があります。

spring転職エージェントの対面面談

spring転職エージェントには国内に3箇所の事業拠点があり、近くに拠点がある場合にはそこで対面面談が実施されます。

面談日時は、登録後にメールや電話で調整されますので、電話がかかってきた際には、知らない番号でも対応する方が望ましいです。また、転職に関する相談は、重要な個人情報となりますが、面談する場所もきちんと他の人に話を聞かれることのないように配慮されていますので安心です。

spring転職エージェントの電話面談

近くにspring転職エージェントの拠点がない場合などは、電話面談となる場合もあります。

電話面談の場合には、登録後にメールで日時調整をすることになりますので、見落とさないようにしておきましょう。なお、手元に職務経歴書とメモを用意しておくことが必要です。

spring転職エージェントの面談の内容

spring転職エージェントの面談ないようは主に下記のものとなります。

  • 職歴・スキルの確認
  • 転職理由と希望条件のヒアリング
  • 職種・業界の転職市場の説明と求人紹介

職歴・スキルの確認

事前に提出している職務経歴書で詳細に情報を渡している場合には、簡単な職歴とスキルの確認だけで終わります。

なお、spring転職エージェントは専任のコンサルタントがつくのではなく、企業毎に担当してくれる相手が変わります。そのため、アピールしておきたい部分は、口頭ではなく書類できちんと渡しておいた方が、全ての担当者に情報が漏れなく伝わりますのでおすすめです。

転職理由と希望条件のヒアリング

次に、転職理由と希望条件のヒアリングが行われます。この点も上記と同様に、できるだけ書面で詳細に説明しておくようにしましょう。より細かい口頭でしか伝えることのできないようなニュアンスのみ、面談の場で伝えるようにすると良いでしょう。

職種・業界の転職市場の説明と求人紹介

最後に、希望する業界・職種における転職市場の現在の状況と、客観的なあなたの人材価値、狙える求人の層と数、また具体的な求人情報を教えてくれます。

この情報が面談における最も重要な情報となります。今後の動きを考える上での重要情報を多く教えてくれますので、メモを取るなどきちんと理解し、今後の転職活動に活かせるようにしておきましょう。

spring転職エージェントの面談を充実させるコツ

spring転職エージェントの面談の充実度合いを上げるためには、下記の準備のコツを抑えることが大切です。

  • 登録時に詳細なレベルで情報を入力する
  • キャリアの棚卸しをしておく
  • 希望条件と優先順位を明確にしておく

登録時に詳細なレベルで情報を入力する

spring転職エージェントに登録する際に、公式サイトから提供する情報と職務経歴書で伝える情報がありますが、どちらもできるだけ詳細に書き、面談では確認だけにするようなレベルにすることが大切です。

spring転職エージェントは専任コンサルタント制ではないため、面談で伝えた内容が、他の方にも100%正しく伝わるかどうかは分かりません。そのため、書面で必要な情報を全て共有しておき、説明に二度手間、三度手間をかけないようにしましょう。

キャリアの棚卸しをしておく

spring転職エージェントの面談をする前に、事前に自分の中でキャリアの棚卸しをしておき、転職市場に対してアピールできるポイントがどこなのか、ある程度明確にしておくことが大切になります。

コンサルタントの方と相談をしながら、最終的にウリにするポイントを決定することは良いことですが、ノープランで相談することは非効率なのでやめましょう。

希望条件と優先順位を明確にしておく

また、転職に対する希望条件の整理と優先順位付けも、面談の前にしておくことが大切になります。転職に対して何を求めるのかが明確でないと、合う求人を紹介することができません。まずは仮のもので構いませんので、整理をしてから面談に臨むようにしましょう。

spring転職エージェントの面談まとめ

本記事では、spring転職エージェントの面談のコツと準備するべき内容についてご紹介してきました。spring転職エージェントに登録した後の面談が充実した良い内容のものになれば、その日のうちに求人に対して応募するなど、スムーズに転職活動をスタートさせることができます。

何も準備せずに面談に望んだとしても、得るものが少なくなってしまいますので気をつけましょう。spring転職エージェントの利用を考えている方、登録が済んで次が面談だという方は、本記事を参考に準備を進めていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket