spring転職エージェントで登録拒否はある?登録条件と必要書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

spring転職エージェントは、他の転職エージェントと同じように、求職者によっては紹介できる求人がないため、登録した後も転職サポートができない場合があります。登録自体を拒否されることはありませんが、面談調整の連絡がこない場合もありますのでご注意ください。

本記事では、spring転職エージェントに登録拒否があるのか、登録条件と登録時に必要な書類についてご紹介していきます。


spring転職エージェントで登録拒否される主な4つの理由

spring転職エージェントでは、登録拒否されること自体はありませんが、キャリアや希望条件に合う求人がない場合には、登録手続きを完了した後も連絡がなく、対面面談や電話面談が開催されない場合があります。

spring転職エージェントを利用できない場合の主な理由は下記の通りです。

  • 就業経験がない
  • 転職と離職を繰り返し過ぎている
  • 離職してからの期間が長い
  • キャリア・スキルに比べて希望条件が高すぎる

就業経験がない

spring転職エージェントは第二新卒向けの求人も紹介していますが、大学や大学院を卒業してから就業経験がない既卒の方や、フリーターの方の転職支援は行っていません。

転職エージェントは、利用する企業側からすると支払う費用が高いため、求職者に対してもある程度のスキルと経歴を求めます。そのため、就業経験がない場合には、既卒やフリーター専門の転職エージェントを利用するなど、自分のキャリアに合うサービスを利用すると良いでしょう。

転職と離職を繰り返し過ぎている

spring転職エージェントでは、他の転職エージェントと同様に、転職と離職を短期間に繰り返している人への求人案内は積極的には行わない傾向にあります。

spring転職エージェントは求職者側だけでなく、企業側からの信頼も事業運営を行う上で重要となっており、紹介した人材が入社後すぐに離職してしまうようなことがると、求人そのものを今後もらえなくなる可能性があります。

そのため、短期間に転職と離職を繰り返している人は信頼度が落ちてしまい、結果としてspring転職エージェントに限らず転職エージェント自体の利用が難しくなります。

離職してからの期間が長い

また、前職を離職してからの期間が長い場合も、spring転職エージェントなどの転職エージェントサービスの利用が難しくなってしまう場合があります。

転職エージェントを利用して人材を採用しようとする企業は、即戦力の人材を求めていますので、キャリアの空白期間が長いと不利に働きます。

キャリア・スキルに比べて希望条件が高すぎる

キャリアやスキルが必要水準を超えている場合においても、求める転職条件が高すぎる場合には、紹介できる求人がない場合があります。自分の職種・業界の転職市場における人材価値は、コンサルタントに相談をすれば教えてくれますので、客観的な価値をまずは相談で確認してみることをおすすめします。

spring転職エージェントへの登録手続き

spring転職エージェントへの登録手続きは下記の手順の通りです。

  • Webサイトから基本情報を入力
  • 1週間以内に職務経歴書が送付されてくるので記入して返送する
  • 登録完了通知が郵送で送られてくる

登録完了したにも関わらず、メール・電話いずれでも面談の日程調整の連絡がこない場合には、spring転職エージェントで紹介できる求人がないということになります。本記事を参考にしながら、問題となっている点がないか、確認してみてください。

spring転職エージェントの登録拒否まとめ

本記事では、spring転職エージェントで求人を紹介してもらえない、面談をしてもらえない場合の主な原因についてご紹介してきました。転職エージェントを利用する場合には、ある程度のキャリアとスキル、そこに見合う転職条件を提示することが大切になります。

転職市場における自分の客観的価値が不明だということは、その旨を伝えて、まずはspring転職エージェントの担当者と面談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket